記事一覧

足がつってめっちゃ孤独だったこと

ファイル 508-1.jpg

 ちょっとのびをしただけなのに、すごく久しぶりに足がつった。超~~~・・・・・痛かった。そのとき一人だったから、痛みに耐える時間がとても孤独だった・・。でも人が居ても恥ずかしいから、逆によかったのかな。('-'*)フっ

 親が住んでいる家の梅の木の花が、きれいに開き始めた。一足早く、春の訪れを感じさせる花。だけど、まだまだ厳しい寒さはこれから。日差しのあたたかさにしあわせを感じながら、今日も一日無事に過ごせた。悲しいことや苦しいことがあるから、普通の暮らしをとてもしあわせに感じることが出来るのかなぁ。ずっとしあわせでも、そのしあわせが続いていることに感謝して、しあわせを感じる自信あるんだけどなぁ。。(だからこれから先悲しいことは起きないで欲しい)でもそんな風に思えるのは、今までに悲しいことがあったからで。きっとこれからもいろんなことがあるんだ。人生とは、儚くもあり現実的。だからいいのかな。とりあえず今とても現実的に思っていることは、眠いってことかな。(笑)早寝早起きしなきゃ、体がもたないよ~。(/_-*)

コメント一覧