記事一覧

悲しい朝の目覚め

 今朝は悲しい気持ちで目が覚めた。過去にあった出来事の夢を見て苦しかった。相手をやり込めるために自分が知っていることを「知ってる」って言うのは簡単。でも全体の状況を考えて、最善の選択はどうすることかを考えた時に、何も言わないまま終えることもあった。そういうことは、涙になって流れたとしても、なくならないのかもしれない。無理に忘れようとして消しても、ふと、記憶が蘇る・・。でもきっといつか、何もかも忘れられる日が来る。安心することが出来たときに。。

コメント一覧